HOME >  脂肪吸引にかんするQ&A >  キレイになれる吸引方法はどれ?

キレイになれる吸引方法はどれ?

脂肪吸引手術の方法には各クリニックによって様々な種類があります。

手術する箇所や取りたい脂肪の量によって、それぞれに適した手術法がありますので、自分が吸引したい箇所にあった吸引方法を探すことも大切です。

脂肪吸引施術方法の種類

現在美容外科で使われている手術法をいくつか紹介いたします。

シリンジ法

私が施術を行った「大阪雅美容外科」でも使われている方法が、シリンジ法です。シリンジ法は、陰圧を利用して、数㏄単位で吸引量を調整しながら、脂肪を吸引する方法です。

従来の掃除機のような大きな吸引器を使うと、どうしても雑な作業になりがちですが、シリンジ法では、手作業で、通常とりにくい部分の脂肪もしっかり取れるので、仕上がりが美しく、皮下出血や腫れなどが少なくて済みます。

チューセメント法

大量の生理食塩水やリンゲル液で薄めた局所麻酔薬に、血管を収縮させる薬を混ぜて皮下脂肪に注入する麻酔方法です。血管・神経の損傷を避け、出血を抑えることができます。

また、大量に注入することで、脂肪細胞が膨張し、柔らかくなるので、無理な力で吸引しなくても、楽に脂肪を取ることができます。

ウォータージェット脂肪吸引

ウォータージェット吸引術は、手術中の痛み・術後のダウンタイムを抑え、なおかつ安全な限界まで脂肪を取りたい場合に力を発揮します。

脂肪除去を行う前に、麻酔液を含んだ高水圧のジェット水流を使用し、脂肪層の下にウォーターポケットを作り、更に生理食塩水を注入して膨らませることで、残った皮下脂肪を遊離させます。

この状態で吸引をすることで、皮膚裏にダメージを与えるず、表層に近い部分の脂肪のみを吸引できます。

エルコーニアレーザー

エルコーニアレーザーは、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)に認可された低出力レーザーです。

ほのかに暖かさを感じさせる赤いレーザービームを、肌の上を滑らせるように数分間照射すると、脂肪細胞が液化されるます。

液化することで、吸引が容易になり、これまでダイエットでは落としにくかった部位をサイズダウンできるようになりました。

また、手術時間が短縮したことで、体への負担も軽減されます。

リポレーザー

リポレーザーは、脂肪層に直径1mmのレーザーカニューレを挿入し、脂肪細胞そのものを破壊・溶解します。

溶けた脂肪は排泄物として体外に排出され、脂肪細胞の数を減らすことで、手軽に部分痩せを実感できます。

筋肉層、血管、神経などにダメージを与えず、安全な方法として注目されています。

ベイザー

VASER(ベイザー)は、南米コロンビア生まれの最新式のボディデザイン装置を使って、ミケランジェロの彫刻のような肢体を作り出します。

血管や神経などの大事な組織を傷つけず、余分な脂肪だけを安全に剥離することができる特殊な超音波「VASER波」と刃のついていない特殊構造の吸引管「VentX」を使用し、ボディの3D彫刻を行います。

ベイザー波を用いた脂肪吸引は、より安全に皮膚直下の浅い層の脂肪まで除去でき、皮下脂肪の約90%の除去が可能となりました。

負担が少なく、皮膚の引き締め効果もある最先端脂肪吸引術です。

1番効果的かつ安全性の高い脂肪吸引は?

私がおすすめする脂肪吸引法は、「シリンジ法+ウォータージェット脂肪吸引+チューセメント法」の組み合わせです。

実際に、おなかとおしり、太ももの手術をこの方法で受けました。現在、手術から半年以上経過しましたが、仕上がりの美しさは、変わっていません。パンパンでジーンズを履くなんて考えられなかっ
た太ももが、3インチもサイズダウンし、今では、ジーンズはもちろん、スカートも心ゆくまで楽しんでいます。

手術を受けた美容外科の先生のお話を納得いくまで聞いて、質問攻めにした末に、シリンジ法の安全性と美しい仕上がり、手術後の内出血・痛みの出方など、総合的に判断して決めました。クリニックで見せたもらった数々の美しい仕上がりの症例写真も決め手になりました。

他のクリニックで、色々な手術法の説明も伺いましたが、やっぱり、体に負担が少なく、手術後も比較的楽なシリンジ法が1番かな、と思います。